« (2539)もしも逆だったら | トップページ | (2541)気圧の単位 »

(2540)介護日誌 9

 ごみの回収が有料化されたのは平成25年11月。燃えるごみと燃えないごみが対象でそれ以外に危険物、紙、プラ、布等々ずいぶん細分化され、いまだに時々異物混合のため回収できないと置いて行かれることも何度かありました。懸命に協力しているつもりなのに。

 それまでは決められた集積場に運ばなければならなかったのが、各戸の前に置いておけばいいのですからその点は楽になったのですが。

 妻はこの方式に変わったことがわかっていません。すなわちこの頃から病状がでていたといえます。反面集積場に運んだのは数度しかないという記憶があるのは、それまで妻が運んでくれていたからです。

 すなわち彼女と病の戦いはこの頃から始まったわけです。日を追うごとに深刻な状況に。私の母がガンと闘っていた頃を思い出します。弟もガンとの闘病がありましたが母のほうが長い戦い。それでも最期を迎えたのはどちらも発見から1、2年前後だったのですから妻のほうが長引いています。

 しかもやっかいなことに、ガンは早期発見と適切な治療を受けられれば回復の可能性が出ています。もし母や弟が今の世まで長らえていればあるいはということも考えられるのです。

 一方妻の場合は今のところ治療法が確立されていません。これがもう少し後に発症しているのであればとつい考えたくなります。仮定の話をいくら繰り返しても仕方ないことなのですが。

« (2539)もしも逆だったら | トップページ | (2541)気圧の単位 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (2540)介護日誌 9:

« (2539)もしも逆だったら | トップページ | (2541)気圧の単位 »