« (2585)ニュースの顔 | トップページ | (2587)「記憶にありません」から「刑事訴追の恐れ」へ »

(2586)介護日誌 18 (18.03.25)

 一人歩きは方向感覚が無くなり、自宅がわからず帰宅できなくなっていることから私が同行して散歩に出かけるとき以外外出しなくなった。そのためか足腰が弱くなり、ベッドから1人で立ち上がることもできない。

 和室で寝るためベッドを置かないようにしていたが、ケアマネ達の和室に入るベッドのレンタルを利用することを奨められ、踏み切った。この際介護用品のレンタル制度を活用するようにとの助言で外出用歩行器なども検討中。

 カタログを見るとほんとうにいろんな器具がレンタルに供されていることを知る。これも勉強の一つかと検討中。とにかく普段徒歩7,8分のところにあるクリニックに行くにも途中で休憩しなければならないのだから。

« (2585)ニュースの顔 | トップページ | (2587)「記憶にありません」から「刑事訴追の恐れ」へ »