« (2588)骨皮筋右衛門 | トップページ | (2590)ピロリ菌 »

(2589)往診

 今は「在宅診療」というのですか?近くのクリニックには「在宅診療受け付けます」といった張り紙をしているところが増えてきたような気がします。戦後は急病になっても自宅に医師が来てくれなくなったと感じているのは私が都市部に住むようになったからなのか、それとも救急車が走るようになったからなのかはわかりません。

 都市部といっても疎開地はもちろん、青森や大津といった都市に住んでいた頃、私が腹痛や風邪をひくと親はすぐかかりつけの医師を呼びに行ったことを覚えています。自宅に電話がなかったので電話を持っている顔馴染みのお店に走り電話をかけたり、直接医院のドアをたたいてすぐ来て欲しいと頼んだ親の姿が今でも。

 夜中でも医師が看護婦を連れて駆けつけてくれ、それまでの間に我が家ではお湯を沸かして先生の来診を待ちます。手当が住めば先生があとで薬を取りに来てくれと言い残して帰られました。もちろん疎開地でも同じ。

 現在は何かあればすぐ救急車の世話になりますからまだ在宅診療を受けたときの状況はわかりません。しかし夫婦とも高齢の域に達した我が家のこと、クリニックに行く力がなくなれば在宅診療をお願いすることがあるかもしれません。

 当然昔の携帯と違うと思いますがシステムについて知っておかねばと考えています。

« (2588)骨皮筋右衛門 | トップページ | (2590)ピロリ菌 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (2589)往診:

« (2588)骨皮筋右衛門 | トップページ | (2590)ピロリ菌 »